何が必要?格安航空券で国内旅行するときの搭乗手続き


 

搭乗手続きに必要なものとは

初めて飛行機に乗る人の中には、搭乗手続きに何が必要なのかわからなくて不安になる方もいることでしょう。空港に行く前にあらかじめ用意しておかなくてはいけないのが、チケットです。予約した際に航空会社から送られてきたメールに添付されているeチケット控えも同様に準備しておかなくてはいけません。チェックインの際に、チケットを係員に見せる必要があるからです。自動チェックイン機で済ませる方法もありますが、慣れていない人はカウンターでチェックインするのがおすすめです。チェックインを済ませれば搭乗券をもらうことができるので、チケットだけは忘れずに必ず持っていくようにしましょう。チケットもeチケット控えも見つからない場合は、ちゃんと予約が完了しているか航空会社に確認する必要があります。

格安航空券で搭乗手続きする際の注意点

格安航空券であっても、基本的には大手の航空会社を利用した場合と搭乗手続きの内容にかわりはありません。ただ、気をつけなくてはいけない点がいくつかあります。まず、格安航空会社の多くは、パソコンや携帯を使ってウェブチェックインをすることができます。これは、空港に行く前に航空会社のホームページにアクセスして、自宅からチェックインを行えるというサービスです。空港に行って並ぶ時間を短縮できるので便利ですが、のんびりしすぎると搭乗時間に間に合わなくなってしまう可能性もあります。空港には時間に余裕を持っていくことが大切です。また、手荷物を預ける際に料金がかかったり、他の会社よりも搭乗口が保安検査場から遠かったりする場合もあります。格安航空券だからと言って他の会社に比べて手続きが面倒になることはありませんが、細かなルールの違いには注意しましょう。