どっちが安い?旅行代理店VS航空会社


 

旅行代理店と旅行会社の違いとメリット

飛行機で国内旅行をするなら、航空機料金は見逃せない条件です。様々なサービスが提供される航空会社もある一方で、サービスをシンプルにした格安航空は料金面で前者に勝るので利用してみたい人もいるでしょう。そもそも旅行代理店が販売している航空チケットは、航空会社から仕入れツアーパッケージとしてお客に提供しています。ですから、料金は旅行代理店が決定していると言えます。

基本的には航空会社から、ネット経由等で直接購入した方が安く済むでしょう。しかしツアーパッケージ内容から考慮すると、旅行代理店での購入が推奨されるケースはありそうです。もし航空チケットの購入が初めてで不安であれば、旅行代理店で担当スタッフに対応して貰うと良いかも知れません。また、出発日よりも出来るだけ前に購入すると安上がりになる・同行する人数が増減しても、望みを叶えてくれる可能性があるというのも、航空会社側のメリットと言えます。

トラブル時の対応も考慮しよう

台風や地震等、あるいは飛行機の機材トラブル等が原因で、当日の便が欠航する可能性を予め考えて置くと慌てずに済みます。前者の場合国内旅行では外国旅行と比較して飛行経路が限られる為、やむを得ないと言えるかも知れませんが、後者では別の便に振り替えは可能です。但しいずれにせよ、交通費、あるいは宿泊費が補償されないので、航空機遅延費用をサポートする旅行保険に加入しておくと安心です。

従来は海外旅行に向けた旅行保険が多くを占めたのですが、昨今では国内旅行でも適用される保険がリリースされています。航空会社から航空チケットを購入し良く利用するなら、個人でも加入しておくと良いかも知れません。旅行代理店を利用する場合は、事前に良く確かめておきましょう。

格安航空会社を利用する場合に注意しなければならないのは、荷物が多い場合には別途に料金が追加されます。気づいたら思った以上に航空券の料金より高くなっている場合もあるので注意してください。航空券の価格を抑えたいなら比較サイトで比較してみるのも良いでしょう。