早割りや株主優待って何?お得に格安航空券を手に入れる方法


 

早割のメリットとデメリット

航空会社の割引チケットと聞くと早期購入割引と考えてしまいます。名称が早割等と言った言葉で販売されています。このサービスは大幅な割引を、搭乗日より早く購入する事で受ける事が出来ます。中には割引率が条件により80パーセント以上で購入出来る物もあります。そして予約や購入は最大で75日前から可能です。只知って置かなければいけないのは、キャンセル料が非常に高い事です。又予約の変更は一度キャンセルして再度新たに、予約の申込をしないといけない事です。他にも販売される座席数は繁忙期に縮小されるので予約が困難であったり、早めの手配が必要な人気の路線や期間は、可能性として売切れてしまう事が多い事です。早割は安く購入出来るのですがその分制限や条件、デメリット等があります。

株主優待券のお得な特徴

お得に航空機に搭乗するには株主優待券を利用する方法もあります。ある程度まとまった会社や企業の株を、所有している事で配布されます。勿論株主は航空会社でも貰う事が出来るので、この優待券を利用すれば通常運賃の半額で航空券が購入出来ます。早割程の割引率はありませんが、早割にある制限や条件、デメリット等はありません。繁忙期でも普通に利用が出来て予約の変更も可能です。更に搭乗する日が当日でも予約が可能です。この優待券はチケットショップで格安で販売されています。又沢山この優待券をインターネット上で取扱うサイトもあります。この優待券を利用する事は株主で無い人でも何の問題もありません。気兼ね無く誰でも使用できるこの優待券を手に入れて見る事もお勧めです。